なぎたその音楽と戯言

音を楽しむ、言で戯れる

裏思って

 

 

 

月の裏も 星の裏も

何も知らない 夜の表に

考えるは 君の心のこと

 

隠したって わかる私は罪深いかな

裏の方が 綺麗に見えるのに

見たいことは なかなか見れなくて

隠したいことは すぐ分かってしまうんだ

 

奥に溜まった 濁った汚れを

クズだと罵る 自身の穢れを

君のすべてを 包み込む 午前4時

 

全部知りたい 君を知りたい

君の表を見て 好きになったわけじゃない

ふと 哀しそうな顔を見せる表情や

ふと 遠くを見ているような眼をする君に

 

私だけに見せて

君の裏が 君だけの裏が

私だけの 表になりますように

 

「大丈夫」の裏も

「死にたい」の裏も

何も知らない 世の表に

考えるは 君の気持ちのこと

 

底に沈んだ 積もったヘドロを

カスだと蔑む 自身の惨めを

君のすべてを 包み込む 午前4時

 

隠したって わかる私は愛深いかな

闇の方が 綺麗に見えるのに

聞きたいことは なかなか聞けなくて

守りたいことは すぐ分かってしまうんだ 

 

全部知りたい 君を知りたい

君の面を見て 好きになったわけじゃない

ふと 諦めたような顔を見せる表情や

ふと 自虐を言いながら笑った口の君に

 

私だけに見せて

君の裏が 君だけの裏が

私だけの 表になりますように

 

「裏」の中に「表」が隠れて

見え隠れした そのものの

光れないものに 惹かれるときに

貴方の裏ですら 愛してみます

貴方の裏だからこそ 愛します

 

私だけに見せて

君の裏が 君だけの裏が

私だけの 表になりますように

 

お願い だから 私だけに魅せて

君の表が 君だけの表が

私だけの 裏になりますように

 

君の裏 思って

今夜も 布団に入ります

 

 

 

金魚と踊り子

 

 

 

在り来りな 毎日を過ごす中に

カレンダーにつけた 赤丸印

感情が月日を 追い越していく

 

ト音記号の奏でる ピアノと、

カクテルを飲み干す 男女の連れに、

バーのネオンが 瞬きしている。」

なんて

微笑 苦笑 嫌々でしょう?

 

だから

待って 飼って 味気ないって

わたし あなたを 欲してるって

何度言っても 叶わないって

そんなのとっくに分かってるって

 

抱いて 頬だけにキスなんて

そんなの 勿体無い 無い? nightを

求めて  身体に手を回す だけ

なんて? 聞こえないから

だから もっと 近付いて 

私と 今日だけ 踊りませんか

 

巡る廻る 日常を過ごす中に

頭に付けた 髪飾りが光る

先を丸く尖らした 髪が揺れる

 

「8部休符と 4部休符がダンスして、

ワインレッドの絨毯に 色気を零して、

ダーツのシャフトが こちらを見ている。」

なんて

微傷 苦症 懲り懲りでしょう?

 

だから

俟って 勝手 早すぎるって

わたし あなたを 愛してるって

何度盛っても 惚れてないって

そんなのとっくに分かってるって

 

撒いて 私だけの物なんて

そんなの 物足りない? 無い? knifeを

隠して 身体を引き寄せる だけ

なんて? 味気ないから

だから もっと 近付いて

私と 今日だけ 忘れませんか

 

構って 泣いて 黙って 無い手

からしたら ただの金魚姫

信じて 切って 返して 切る手

今夜 わたしで満たしてあげる

 

抱いて 口だけにキスなんて

そんなの 勿体無い 無い niceに

愛して  身体に手を回す だけ

なんて? 聞こえないから

だから もっと 近付いて 

私と 今日だけ 踊りませんか

 

最後に 私と 踊りませんか

 

 

 

東京

 

 

 

泣き疲れた 僕の目には

微かに見える 虹の街角

待ってる 朝の綺麗さを

貴方に 見せてみたかった

 

思い出なんて 絆ぐはずもなく

相対 会いたい なんて もう

意味も 何も 消えてしまったのに

全てを 諦めてしまった

 

行ってしまった この気持ちも

無くした 物たちも

昨日も 後悔したかったのです

 

月に 願わくば

申し訳ない 人間に

恥に 夜 深くて

残したい 君に

東京は 泡沫

 

泣き付かれた 僕の芽には

幽かに診える 2時の待ち角

舞ってる 麻の奇麗さを

彼方に 魅せてみたかった

 

重い手なんて 繋ぐはずもなく

あ、痛い 靉靆 なんて もう

忌も 那も 帰依てしまったのに

術てを 明らめてしまった

 

逝ってしまった 子の気も血も

亡くした 者たちも

機能も 公開したかったのです

 

次に 根側くば

申し分けない 人間に

端に 拠る 俯角て

遺したい 君に

東京は 詩片

 

言ってしまった 此の喜も智も

失くした モノたちも

帰納も 更改したかったのです

 

継ぎに 希くば

申し訳ない 任限に

ハジに 依る 不覚て

遺したい 気味に

東京は 泡沫

 

 

 

カップルベンチ(Short Ver.)

 

 

 

f:id:nagitasong:20201003211515j:image

jacket photo. nagitaso

 

ベンチに向かった カップルは

彼氏は 彼女の座る場所を

サッと払って 落ち葉が飛んだ

「ありがとう」と 微笑みスカートが揺れた

 

ベンチに座った カップルは

彼女は 彼氏のマッシュ髪を

クシャッと掴んで 照れて笑った

「やめろよ」と 不機嫌そうに髪を撫でた

 

ベンチで話した カップルは

お互いの手と手を ベンチに重ねて

時折 足をそそくさと 組み直す彼氏

時折 足をプラプラと 宙を舞う彼女

 

並んだ ベンチに 囲んだ 花束を

君に捧げた とりどりの 愛のカタチ

陽が照れて 雲に隠れた 空の下

影が薄く 地面に ふたりが混ざり合う

カップルベンチ

 

 

 

すきだよ

 

 

 

朝日に目覚めて まだ生きていたんだと思うの

約3時間、夢を見て

約4時間、咽び泣く

天国に近い生活をして 今日も過ごしているの

 

此の世の真理を 知らないくせに

この夜の心裏を 知ってしまった日に

空いた穴に 風が吹き抜ける

 

あなただけに 本音を話すね

助けが 欲しいの

優しい言葉なんて いらないの

 

何もわからないくせに

近寄って来ないでよ

ああ もういいよ

ああ なんでもない

私は 私でしか 守れない

 

夜になると恐いの 早く死にたいとだけ思うの

約5時間、働いて

約6時間、ネット見る

監獄に住まい生活をして 今日も過ごしているの

 

此の世の縄張りを 知ってしまったから

この夜の帳を 下ろしてしまった日に

開いた眼に 水が溜まり続ける 

 

あなただけに 本音を話すね

救いが 欲しいの

温かい言葉なんて いらないの

 

わかったようなフリして

近寄って来ないでよ

ああ もういいよ

ああ なんでもない

私は 私でしか 護れない

 

なんでよ

どうしてよ

言葉にならない

誰も 助けてくれない

誰も 見てくれない

 

美人でもないのに 見返り求めて

かわいくないのに すみっこで暮らす

いつも聴くカセットを 君とのセットを

自分から リセットするだけの 馬鹿なわたし

 

でもね

本当の 本当の

本音を あなただけに話させて

心の何処かで 君もまた同じだと

突然消えて 私一人になるのが 嫌だから

やっぱり どうしても 信用できないや

 

何もわからないくせに

近寄って来ないでよ

ああ もういいよ

なんでもない

私は 私でしか 守れない

 

ああ もういいや

ああ ごめんなさい

私は 私でしか

 

ああ

キミには かなわないや

すきだよ

 

 

 

哀訴笑い

 

 

 

気になっていた 化粧品

ノリが悪くて 萎えていた

お気に入りの服が 見当たらない

次いでに 家の鍵も 見当たらない

 

適当に過ごすことに 執拗に生きる

そうやって 生きてきた

人の価値観に 振り回され 疲れる

そうやって 今まで生きてきたんだ

だから これからだって 生きていける

 

今日も いっぱい 笑ってた

みんなの笑顔が 見たいから

魔法を かけてあげる

楽しそうな姿が 見たいから

必死に笑った 一日が終わった

これで満足ですか

 

値引きされていた お弁当

買い物カゴに 放って入れた

店前に 置いた傘が 見当たらない

次いでに 嫌な気持ちも 見当たらない

 

寛容に過ごすことを 汎用に生きる

そうやって 生きてきた

人の固定概念に 掻き乱され 疲れる

そうやって 今まで生きてきたんだ

だから これからだって 生きていける

きっと そうだろう?

 

今日も 目一杯 笑ってた

みんなの笑顔が 見たいから

魔法を かけてあげる

楽しそうな姿が 見たいから

必死に笑った 一日が終わった

君は 楽しそうだね

 

 「どっちにしようかな」

私は 無理だな 絶対に

微笑む あの子みたいに

好きな人の前で 輝くように

 

今日も いっぱい いっぱい 笑ってた

あなたの笑顔が 見たいから

魔法を かけてあげる

楽しそうな姿が 見たいから

必死に笑った 一日が終わった

 

何もないのに 笑ってた日に

意味もないのに 笑ってた時を

笑う自分に 笑ってた

一日が 終わった

 

笑ってる 綺麗ですか? 人間として。

 

 

 

9月のち秋

 

 

 

f:id:nagitasong:20200914082256p:image

jacket photo. nagitaso

 

 

 

新しい花を 見つけた

それはそれは 綺麗な花だった

咲き方を 知らない その花は

一輪 可憐に立っていた

 

道路脇から見えた その花は

踏まれても 力強く 咲き誇っていた

ずっと見ていた 憧れの存在に

僕は 時々 見つめることにした

 

過ぎ行く 秋が来た

モノクロ から カラーへと

塗り絵に 色を落として

君のために 空けている

夜明け のち 秋の空

 

花の名を ''君''と名付けた

僕は大切に 水をやることにした

彼(枯れ)方を 遥かに知った花は

一輪 花瓶に立っていた

 

上を向いた 花弁も

下を向いた 葉たちも

香りを放つ 君の背丈が

なんだか とても 愛おしい

 

過ぎ行く 飽きが来た

モノクロ から カラーへと

塗り絵に 色を施して

君のために 避けている

朝焼け のち 秋雨の空

 

栞の花とは 似つかない

雨風に耐えた ''君''の未来を

近くで見るくらいしかできない

栞の花とは 似つかない

荒波に耐えた ''君''の希望を

近くで見るくらいしかできない

 

あっという間に

 

過ぎ行く 秋が来た

モノクロ から カラーへと

塗り絵に 色を落として

君のために 空けている

夜明け のち 秋の空

 

紅葉色にうつる 頬と瀬に

空気が変わる この風景と

9月の暑さが残る 夏の終わりに

一輪の花が 揺れた気がした

 

秋が来る 待っていた 秋が来た

君の街まで 届くといいな

''あなた''に 秋る ''君''に 会える